Tag Archives: studyabroad

【留学】住居はどうする?

IMG_0264

今日はちょっとしたお知らせです!

留学は決まったものの、家探しで困っている方って結構いますよね。

今回、「フィールアブロード」というウェブサイトにて、留学中の住居について記事を書かせて頂きました。

留学中の住居 −生活スタイルで留学生活も大きく変わる−【前編】

留学中の住居 −生活スタイルで留学生活も大きく変わる−【後編】

私の経験を踏まえて住居のタイプから家探しの方法まで書いています。

これから留学に行かれる方に少しでも参考になれば嬉しいです。

Advertisements

1年の交換留学中にしたこと

【留学記】シリーズ!

前回の「人生の転機!渡米のきっかけ、目指すはニューヨークに続きます!

正直なところ、最初の1年は勉強以外のことで忙しかったです(笑)

1年でなにをしたかと言うと・・・

・大学のラジオ局
・学生会
・日系テレビ局でインターン
・ボランティア

元々は交換留学で来ていて、それが約1年という期限つきだったので、「もうなんでもやっちゃえー!」という思い立ったらすぐ行動派でした(笑)

テレビ局でインターン

27246_1393332523239_1962812_n

ロケ中に撮ったマンハッタンの夕暮れ時

日本の大学生がするインターンってたぶん1日とか1週間とかだと思うのですが、私は学校に行きながら出来るものを探していました。そこで、知り合いに紹介してもらったのがマンハッタンにある日系のテレビ局。日本のテレビ局のアメリカ支局(フジ、テレ東、テレ朝、日テレ、NHKなど)ってオフィスがマンハッタンにあるところが多いんです!面接を受けて、企画制作部門でインターンさせてもらえることになりました。学校に行きながらだったので、基本的に週2日10時〜18時まで。インターン中はロケに行ったりオフィスでリサーチしたりが多かったです。

学生会

30047_1421458466370_7763736_n

当時ミーティングでよく使っていたブライアントパーク

渡米してから半年経ったころ、ニューヨークで活動する学生会の存在を知りジョインしました。活動内容は、交流会をしたり就職セミナーをしたり日本人学生向けに情報提供したり。ニューヨークって本当に面白い学生さんや社会人の方がいっぱいいるので、私はこの学生会のお陰で色々な経験をさせてもらいました。

久しぶりにその学生会のウェブサイトを見てみたら今も活動しているみたいなので、ニューヨーク近郊に留学中の学生さんで興味ある方はコンタクトしてみてくださいね。

NYJSA ニューヨーク日本学生会

ボランティア

27747_1421850956182_6385472_n

コロンビア大でのTable for Twoのイベント

ボランティアを沢山したわけではないのであまり語ることがありませんが・・・笑

大学で子どもたちに折り紙を教えたり(でも折り紙そんな得意じゃないから逆に教えてもらったり・・・笑)Table for Twoのイベントにボランティアとして参加したり。

振り返ってみて・・・

この当時は、色んな人と出会ったり新しいことを知ったり挑戦したり、そういうことが好きだったので、とりあえず動き回っていた気がします。今じゃちょっと考えられないなぁ〜。1年のつもりで来ていたから、「何かしなくちゃ!」って色々焦っていた気もするし。でも、これはこれですごく良い思い出です。

ニューヨークって本当に色んな可能性が秘められた場所。だから、ニューヨークを最初の土地に選んで良かったって、今でもそう思えます。

ちなみに、私は不器用なので色んなことを1度に出来ないタイプ・・・なので、ある意味交換留学じゃなかったらここまで色んなことを限られた時間でするのは無理でした(笑)こんなんだから、「交換留学生はいいよね」って言われてしまうんだよなぁ〜!(正規留学だと学校の成績=GPAが関わってくるから)

さて、交換留学がもうすぐ終了という帰国間際にまた変化が起こります。

そのつづきはまた今度!

人生の転機!渡米のきっかけ、目指すはニューヨーク

これから少しずつですが、ハワイ以外にもニューヨークやカリフォルニア時代など、今までのことも書いていきたいと思います!

渡米のきっかけは交換留学

実は最初からアメリカの大学に行っていたわけではなく、高校卒業後日本の大学に入学。大学1年のちょうど10月くらいでまだ入学して間もなかった頃、「交換留学」に応募することになりました。

交換留学のメリット(私がいた大学の場合)は、その大学に在籍しながら提携校で単位取得ができるため、休学や卒業を延ばさずに留学できること。でも、実際入学したばかりだったし、だいたいの人が大学3年次に交換留学に行くため(大学も大学3年次での留学を勧めている)、私は応募しない・・・と決めていたのですが。

ちょうど応募締め切りの1日前に男友達に「Mayuも応募しようぜ〜!」って言われたことがなぜかきっかけになり(笑)徹夜で応募書類を仕上げて締め切り数時間前にギリギリ提出。行ける人なんて限られているし、決まったらラッキー!みたいな宝くじ的なノリでした(笑)本当に行きたかがってた人に申し訳ない・・・。

なんでニューヨーク?

そもそも、本来元々提携校だったカリフォルニアのサンディエゴの大学に行きたかったのですが、その年はなぜかサンディエゴがなくなっていて、代わりにニューヨークになっていました。そうとなったら、ニューヨークしか行きたいところがなかったので、本当は第3希望まで書けるところを、あえてニューヨークしか書きませんでした。あと、私の大好きな宇多田ヒカルの縁の地でもあるので(単純な理由・・・)笑

そしたら1次選考通過し、2次選考に呼ばれました。2次選考は面接・・・学内選考受かってしまいました。当時本当に行き当たりばったりな生き方をしていたので(今もかも?!笑)まさかと思っていましたが、これが私の今後の人生を180度変えることになります。

TOEFLの壁

ところで、TOEFLって聞いたことありますか?TOEICは日本で就活のときに必要とかよく言われていますが、TOEFLは留学するときにすごく大事なんです。私は入学時に強制的に受けさせられたTOEFLのスコアが運良くも、自分が行くニューヨークの大学の条件を満たしていたので良かったのですが、交換留学が決まってから受けたTOEFLのスコアが落ち、留学担当の人から「次のTOEFLでスコア上がらなかったら内定取り消し」と言われました(笑)1度決まったことが取り消しってすごく悲しい、と共にプレッシャー!でも、なぜか次のスコアが一気にグンと上がり、内定取り消しにならずに済みました。これが出発の3ヶ月くらい前。出発直前まで取り消しだのなんだの、本当に自分の性格と同じでハチャメチャでした(笑)これから留学を考えている方、TOEFL本当に大切です!

アメリカ上陸

ニューヨーク生活最初に住んだのはニューヨークシティーの5つの郡の1つであるスタテンアイランド(リッチモンドカウンティと言います)。マンハッタンからフェリーで25分くらいです。マンハッタンよりも家賃が安いし、日本人も少ない(当時)し、留学生には良いかもしれません。

1909923_1180394799929_5389666_n

毎日のように自由の女神も見ていました!

1909923_1180395359943_5286373_n

後ろに見えるのがブルックリンとスタテンアイランドを繋いでいるベラザノナローザブリッジです!

30047_1421458306366_1445092_n

こうして、私のアメリカ生活がスタートしたのでした。